社会福祉法人 喜成会

職場内外研修報告

 

心肺蘇生法とAED使用研修

心肺蘇生法とAED使用研修について外部より講師を招き3回に渡り120名の職員が参加し、ビデオ鑑賞と心肺蘇生法、AED使用研修を行いました。

今回の研修で私たちスタッフの行動で救える命があることを改めて感じることが出来ました。今回、特別養護老人ホーム喜成会と養護老人ホーム喜和の郷に念願のAEDを新しく設置することが出来ました。

今後、サービス利用時、利用者様の急変時にはAEDを活用することで人命救助に努めていきたいと思います。

「虐待」についての研修

今回はグループワーク形式での研修を実施しました。

虐待の中にも様々な種類のものがありスタッフの考える虐待を互いに出し合い、在宅・施設問わず様々な場面に虐待に通じる要因が見られることをスタッフ一同が改めて認識する良い機会となりました。

新規採用職員研修

新年度から喜成会へ採用された職員を対象に研修を行いました。

各事業所内容の説明、法人内施設見学、職業人としての心構え等の講義内容の他に、他事業所への実習なども組み込まれました。

初心を忘れず喜成会の職員として欠かせない職員となれるよう頑張って頂きたいと思います。

 

トップページへこのページの最初へ