社会福祉法人 喜成会

特別養護老人ホーム「喜成会」のサービス内容

 要介護状態である高齢者に対し、施設サービス計画に基づき可能な限り居宅における生活への復帰を念頭において、入浴、排泄、食事等の介護、相談及び援助、社会生活上の便宜の供与その他の日常生活上のお世話、機能訓練、健康管理及び療養上のお世話を行う施設です。

寄り添うケアとは?

平成14年4月より、利用者を20名前後の6つのグループに別け、ユニットケアを実施しています。寄り添うケア」、「ごく普通の生活」を目指し、1人1人の個性が生き、それぞれの生活リズムに沿って営まれる生活を支え、スタッフと利用者がリビングでコミニケーションを図りながら、1人1人の心身の状況、生活習慣、個性などを具体的に把握し、その上でその人のリズムに沿った生活と、他の利用者との交流を支援しています。(看護・介護職員の人員体制は2対1)

サービスの内容

当施設は約20人を1つのグループとし6つのユニットに分かれています。居室は原則として4人部屋が主ですが、個室、2人部屋もあります。但しプライバシーの保護には最善の注意を払っています。各ユニットには食堂(兼デイルーム)、キッチンを完備し、家庭的生活を送って頂けます。又1階の大ホールでは様々な催しを開催し、ご利用者様の交流の場として活用頂けます。

  1. 食事
    栄養士(管理栄養士)の立てる献立表により、栄養士並びにご利用者様の身体の状況及び嗜好を考慮した食事を提供します。
    昼食(一部)は職員も一緒になって同じ食事をゆったりと食べています。(朝食7:30〜、昼食12:00〜、夕食18:00〜)
  2. 入浴
    入浴日(月〜土の午前、午後)、ユニット毎に入浴日が決まっており、ゆっくりと入浴していただけます。寝たきりの方でも機械浴槽を使用して入浴することが出来ます。
  3. 排泄
    排泄の自立を促すため、ご利用者様の身体能力を最大活用した援助を行います。
  4. 機能訓練
    機能訓練指導員(理学療法士、看護師)により、ご利用者様の心身等の状況に応じて、日常生活を送るのに必要な機能の回復又はその減退を防止するための訓練を実施します。
  5. 健康管理
    医師や看護職員が、健康管理を行います。
  6. その他自立への支援
    寝たきり防止のため、出来る限り離床に配慮します。

対象者

介護が必要な方で要介護認定をお受けになり、要介護1から5までと認定された方で、常時介護を必要としかつ居宅での継続した介護を受けることが困難な方です。

ご連絡先

詳しくはお気軽にご連絡ください

 TEL       073-462-3033

喜成会便り掲載中

利用者の皆さんの様子が掲載されています。参考に是非ご覧下さい。

ご利用手続き

入居を希望されるご本人またはご家族との契約となります。
入所申請書にご記入の上、当施設まで送付頂くか、提出してください。
資料請求は下記をご覧ください。またTELにより資料の送付もさせて頂きます。

→資料請求(こちらをご覧ください)

 

トップページへこのページの最初へ

特別養護老人ホーム